印刷

お知らせ・情報

「平成25年度総合防災訓練・広域医療搬送訓練」に参加

2013/08/31 附属病院

8月31日,平成25年度総合防災訓練における広域医療搬送訓練に,筑波大学DMAT(Disaster Medical Assistance Team)が参加しました。

今年は,『南海トラフの巨大地震により,愛知県,三重県及び和歌山県に甚大な被害が発生した』という想定のもと,平成25年度総合防災訓練大綱に基づき,広域医療搬送に関する総合的な実働訓練が実施されました。内閣府や警察庁などの省庁や関係都道府県などの機関が参加した全国規模の訓練となりました。

筑波大附属病院からは,高橋伸二医師,泥谷朋子看護師,澤田幸子看護師,赤星博和業務調整員及び五月女康作業務調整員の5名のDMAT隊員が参加し,被災地までの参集訓練,自衛隊ヘリによる広域医療搬送訓練及び緊急治療訓練等を迅速に行うことを目的に,伊勢志摩広域防災拠点(SCU)から,実践的な訓練を展開しました。

全国からDMAT隊員が集結
全国からDMAT隊員が集結
自衛隊ヘリから搬送される患者
自衛隊ヘリから搬送される患者

搬送された患者の緊急治療の様子
搬送された患者の緊急治療の様子

このページのトップへ