印刷

お知らせ・情報

平成25年度つくば市総合防災訓練に附属病院DMATが参加

2013/10/06 附属病院

10月6日,つくば市役所防災スペースで,平成25年度つくば市総合防災訓練が人員900人、車両50台、ヘリコプター1機が参加し実施されました。

今回の訓練は,つくば市付近を震源とする直下型地震が発生し,つくば市では震度6強の揺れによって市内各所で家屋の倒壊,火災,道路の損壊などの外,電気・電話・ガス・水道など生活関連施設に大きな被害が発生したという想定で行われました。

本院からは,西野衆文医師,山崎裕一朗医師,萩谷圭一医師,小笹雄司看護師,丹野香織看護師,水木一弘放射線技師が附属病院DMATとして,「応急救護及び負傷者搬送訓練」,「座屈倒壊建物救出訓練」,「総合消防演習」訓練に参加し,負傷者の応急救護,トリアージ及び救出された負傷者の処置にあたりました。

 

DMATによる応急救護訓練

DMATによる応急救護訓練

住民による初期消火訓練

住民による初期消火訓練

建物火災からの救出・救助・搬送訓練では山崎医師がヘリに搭乗し,応急救護を実施

建物火災からの救出・救助・搬送訓練では山崎医師がヘリに搭乗し,応急救護を実施

このページのトップへ