印刷

お知らせ・情報

平成25年度「学生生活関係教職員研修会」を開催

2013/10/04

10月4日に大学会館で,平成25年度の学生生活関係教職員研修会(主催:学生生活支援室)を開催しました。この研修会は,関係教職員が当面する学生支援の諸問題について議論し,共通認識を深め改善策を探ることにより,学生支援体制の更なる充実を図ることを目的として,毎年度,開催されているものです。

今回は,開学40周年を迎えたことを節目に「開学40周年を迎えて~自立した社会人に育成するために~」をメインテーマにし,近年のグローバル社会における学生支援活動の課題として「自立したグローバルな人材を育てる学生支援とは」,「自立した生活を送れる学生を育てる支援とは」,「自立した健康な人間関係を築ける学生を育てる支援とは」,「自立した外国人留学生を育てる支援とは」の4つをサブテーマに設定し,これらについての課題を分析し,求められる改善策について討議しました。

この研修会には,永田恭介学長をはじめ,清水一彦学生担当副学長,阿江通良教育担当副学長,系長,研究科長,学群長,学類長,学生生活支援室員,キャリア支援室員及び学生部,教育推進部など100名を超える教職員が参加しました。

開会にあたり,永田学長からは,自立した学生への支援体制強化に向けて活発な議論を期待したいとの挨拶があり,次いで,清水副学長からは,学生への様々な支援の現状や諸課題等について説明がありました。

また,今回の研修会では,午後の部を筑波大学第3回FD研修会として学内に広く公開することとし,池田学長補佐室長の「学生の自立を支援する総合的な取り組み」と題する講演を聴取し,また全体討議での各班の討論内容等発表時には,一般参加者も質疑に参加し,有意義な研修会となりました。

講演を行う池田学長補佐室長

講演を行う池田学長補佐室長

班別討議

班別討議

 

このページのトップへ