印刷

お知らせ・情報

第10回日本ブラインドサッカー全国選手権B2/B3大会 準優勝

2013/10/13 附属視覚特別支援学校

10月12~13日の二日間,東京都新宿区のコズミックセンターを会場として,「第10回日本ブラインドサッカー選手権 B2/B3大会」が開催されました。附属視覚特別支援学校からは,寄宿舎生を中心とした「東京N-フリューゲルス」と「埼京レッド・ロケッツ」の2チームが出場しました。

予選を4勝0敗で勝ち上がった「東京N-フリューゲルス」は決勝戦で,東京都立文京盲学校卒業生を中心とする「AC東京」と対戦しました。

「AC東京」に先取点を奪われ苦しい展開の中,後半,本校専攻科理学療法科教諭,高橋博臣選手が,ゴールを決め「1-1」の同点としました。その後,一進一退の攻防を繰り広げましたが,終了間際に相手にゴールを決められ「1-2」で敗戦し,準優勝となりました。

なお,大会のMVPには,「東京N―フリューゲルス」のGK岩崎直選手が選出されました。

ブラインドサッカーのB2/B3クラスは,「弱視」と呼ばれる,矯正視力が,0.1以下の視力にハンディを持つ選手たちが5人制フットサルのルールに準ずる形でプレイするものです。

 

IMG_4052 IMG_4058

このページのトップへ