印刷

お知らせ・情報

第3回日本・北アフリカ学長会議及びモロッコにおける日本留学説明会を開催

2013/10/22

10月22日,モロッコ王国ラバト市のモハメド5世大学アグダル校本部棟において,筑波大学主催,モハメド5世大学アグダル校の共催による「第3回日本・北アフリカ学長会議」が開催されました。今回は”Mobility and Academic Networking”をテーマに,日本から8大学,北アフリカから33大学の学長・副学長らのほか,黒川恒男駐モロッコ日本国特命全権大使,中岡司文部科学省大臣官房審議官(高等教育局担当),米川英樹日本学生支援機構理事,庄司光一JICAモロッコ事務所長,Abdelhak MOURADIモロッコ王国高等教育・科学研究・幹部養成省研究・イノベーション局長らが出席しました。

同会議は,永田恭介筑波大学長とWail BENJELLOUNモハメド5世大学アグダル校学長による開会挨拶で幕を開け,続いて来賓講演,特別講演と2つのラウンド・テーブル・ディスカッションが行われました。第5回アフリカ開発会議(TICAD V,2013年6月)で打ち出された「安倍イニシアティブ」(アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ)を踏まえ,日本と北アフリカ諸国双方向の大学間交流を促進するための具体的施策とその基盤となる大学間ネットワークの構築と活用,人材育成に関する民間企業・国際機関・NGO等との連携についての活発な議論が行われた後,同会議は今後も相互交流を活発にするための協議の機会を設けるなどを謳った共同宣言を採択し,盛会のうちに終了しました。

翌23日には,モハメド5世大学アグダル校人文学部において,筑波大学主催による日本留学説明会が開催され,日本からは15大学(資料参加を含む)・2機関が参加しました。現地の大学生・高校生ら約250名が来場し,プレゼンテーションの会場となった講堂や屋外に設けられた各大学のブースは,日本留学に関心のある多くの学生で賑わいました。プレゼンテーションにおいてはモロッコ出身の本学の卒業生と在学生も登壇し,日本での学生生活について生の体験談を披露しました。

また,これらの開催に併せて,モロッコ王国高等教育・科学研究・幹部養成省及び在モロッコ日本国大使館への表敬訪問や,アル=アハワイン大学及びシディ・モハメド・ベン=アブダッラー大学への視察ツアーも行われ,日本と北アフリカ諸国の参加大学間での友好を深めるとともに,今後の更なる交流の促進・発展が期待される有意義な機会となりました。

1集合写真_R

永田学長の開会挨拶

永田学長の開会挨拶

 

特別講演

特別講演

 

ラウンド・テーブル・ディスカッション

ラウンド・テーブル・ディスカッション

 

留学説明会プレゼンテーション

留学説明会プレゼンテーション

 

留学説明会の筑波大学ブース

留学説明会の筑波大学ブース

 

シディ・モハメド・ベン=アブダッラー大学視察

シディ・モハメド・ベン=アブダッラー大学視察

 

このページのトップへ