印刷

お知らせ・情報

平成25年度筑波大学防災訓練を実施

2013/11/20

11月20日,学生・教職員等の安全確保,初動体制の確認及び対処能力の向上を目的として全学防災訓練を行い,約4,700名が参加しました。

この訓練は,屋外避難場所への避難訓練,避難場所での避難状況確認,全学危機対策本部と部局危機対策本部等の連絡体制訓練など,地震発生後の初動体制と屋外放送設備,大学ホームページ,フェイスブックを活用した情報発信,災害時に使用する機器の設置,使用訓練など様々な訓練を行い,東京地区や遠隔地のセンターからも避難状況の報告がありました。

学生・教職員自らが行う安否報告WEBシステムへの安否登録訓練では,訓練開始から当日の17時までに約4,900名の学生・教職員の登録がありました。

また,つくば市中央消防署の協力のもと,起震車による地震体験や消火器を用いた消火訓練を行いました。

 

最後に,全学危機対策本部副本部長の東照雄副学長から,今後も巨大地震などの災害への体制を整備するとともに,学生・教職員の災害への対処能力・意識の向上を図っていくとの挨拶がありました。

 

全学危機対策本部長への報告

全学危機対策本部長への報告

屋外避難場所への避難状況

屋外避難場所への避難状況

起震車による地震体験

起震車による地震体験

消火器による消火訓練

消火器による消火訓練

このページのトップへ