印刷

お知らせ・情報

人間エリア支援室・生命環境エリア支援室・障害学生支援室3支援室合同防災訓練を実施

2013/11/20

11月20日(水)に,人間エリア支援室・生命環境エリア支援室・障害学生支援室3支援室合同で,教職員及び運動障害学生,支援学生を対象に防災訓練を実施しました。

実施に先立ち,一谷幸男人間学群長からご挨拶をいただいた後,障害学生支援室が作成を進めている障害学生の避難手順ガイドを基に,障害学生が安全かつ安心して避難できるためのポイントについて,各障害領域の専門教員から簡単に説明を行いました。

その後,運動障害学生の避難介助器具(キャリダン)の設置場所と組立・使用方法を確認した後,避難介助器具の使用訓練を参加者全員で行いました。実際に避難介助器具を使用して,教職員と運動障害学生とが共に避難訓練をすることで,災害時での避難手順,避難介助での留意点等をお互いに共有でき,災害時の避難方法に対する意識を高める貴重な機会となりました。

人間エリア支援室,生命環境エリア支援室がある第2エリアには,多くの障害学生が在籍しています。今後も障害学生の支援ならびに災害時の対応について,教職員一同協働して進めていく所存です。

また,今回は主に教職員を対象とした防災訓練を実施しましたが,障害学生の防災意識向上も非常に大事ですので,障害学生支援室では,現在進めている障害学生の避難手順ガイド作成と全学周知を進めながら,障害学生に対する防災教育にも力を入れていく予定です。

 

 

障害学生の避難手順ガイドについて説明する障害学生支援室教員

障害学生の避難手順ガイドについて説明する障害学生支援室教員

避難介助器具(キャリダン)使用訓練

避難介助器具(キャリダン)使用訓練

このページのトップへ