印刷

お知らせ・情報

筑波大学産学連携会ニーズ・シーズ情報交換会(第10回)開催

2013/11/27 筑波大学産学連携会(TOMO))

11月27日,筑波大学産学連携会ニーズ・シーズ情報交換会(第10回,主催:筑波大学産学連携会(TOMO))を,筑波大学東京キャンパス文京校舎大講義室において開催しました。本情報交換会は,産学連携会会員等と筑波大学関係者による情報交換の場を提供し,筑波大学の産学連携諸活動の推進に寄与することを目的に平成16年から毎年開催しています。

今回は,金融機関にアピールしたい筑波大学発有力ベンチャー及びシーズ最新特集として,筑波大学発ベンチャー企業の代表取締役が企業の概要説明と活動内容について行う講演,筑波大学発ベンチャー企業8社のポスター出展企画といった,筑波大学教員や学生が興したベンチャー企業に着眼した初めての催しを設けました。

情報交換会では基調講演として,つくばテクノロジーシード株式会社の佐々木美樹代表取締役から「大学発ベンチャーの魅力と課題」についてご講演いただき,引き続き大学発ベンチャー企業4社の代表者から事業をアピールしていただきました。

・株式会社クロノファクトリーの平山雅英代表取締役による「筑波大生に特化した,広報支援事業の現状と今後 ~年間80,000部の雑誌発行,年間PV(パブリックビューイング)100万超のメディア運営を通じて~ 」

・合同会社アスリートライフの田中和弘代表取締役による「2020年東京五輪決定を受け更に期待が高まる『スポーツ人材と多様な産業界の融合を実現させ,日本を活性化させる事業』とは」

・株式会社つくばアクアライフの野村武男代表取締役による「水中運動で100歳まで元気! 運動特化型デイサービス事業の展開」

・株式会社SUSUBOXの相部範之CEOによる「FabLabとビジネスモデル」(平成24年度筑波大学産学連携会ベンチャー助成金事業採択企業)

情報交換会終了後は,金融機関関係者,産学連携会会員,大学発ベンチャー企業経営者と,筑波大学関係者との名刺交換・懇談会を開催し,活発な意見交換を行いました。

 

【会場を彩ったベンチャー企業8社のポスター】

・「筑波大生に特化した、広報支援事業」   株式会社クロノファクトリー

・「スポーツ人材と多様な産業界の融合を実現させ、日本を活性化させる事業」 合同会社アスリートライフ

・「水中運動療法を取り入れた通所介護事業~デイサービスセンターVIVIDつくばの運営~」   株式会社つくばアクアライフ

・「さまざまなI/Oインターフェースに対応可能なFPGAモジュラ・システム “Kariomon System”」 株式会社SUSUBOX

・「3Dモーション入力装置QUMAの開発および製品化」       ソフトイーサ株式会社

・「つくば市をホームタウンに Jリーグ・なでしこリーグを目指す!」 株式会社つくばFC

・「認知症・肝疾患の兆候を血液で調べる」              株式会社MCBI

・「レシート撮るだけ!!無料家計簿」                 株式会社BearTail

 

会場

ベンチャー企業8社のポスター

ベンチャー企業8社のポスター

挨拶する永田恭介筑波大学長

挨拶する永田恭介筑波大学長

佐々木美喜氏

佐々木美喜氏

相部範之氏

相部範之氏

平山雅英氏

平山雅英氏

野村武男氏

野村武男氏

鈴木和弘氏

鈴木和弘氏

 

このページのトップへ