印刷

お知らせ・情報

ベトナム国PHAM Le Tuan保健省副大臣,チョーライ病院長ら一行が附属病院を視察

2014/01/20

1月20日,ベトナム社会主義共和国チョーライ第二病院整備事業準備調査のため,ベトナム社会主義共和国からPHAM Le Tuan保健省副大臣,NGUYEN Truong Sonチョーライ病院長ら一行17名が筑波大学附属病院に来院しました。
けやきプラザにおいて,秋山稔国際連携推進室副室長の進行により,五十嵐徹也病院長及びPHAM Le Tuan保健省副大臣から挨拶があり,続いて,国際連携を担当する松村明副病院長より附属病院の概要について,前野哲博総合臨床教育センター部長より卒後研修プログラムとチーム医療について,鈴木將貴経営管理課長より再開発事業について,木村貢一株式会社つくばネクストパートナーズ統括責任者よりPFI業務委託について,奥村敏之教授より陽子線医学利用研究センターについてそれぞれ説明がありました。
その後,陽子線医学利用センター治療室,ER,物流センター及び屋上ヘリポート等を視察され,一行からは様々な質問が出されました。
keyakimeeting1
向かって左から副大臣,チョーライ病院長

keyakimeeting2
けやきプラザでの説明の様子

kinensyasin
視察団一行と屋上ヘリポートで記念撮影

このページのトップへ