印刷

お知らせ・情報

インドネシア共和国Muslim University of Indonesia の医学生一行が附属病院の最先端医療施設を見学

2014/01/26

 1月26日,インドネシア共和国Muslim University of Indonesia (UMI)の一行(医学部長,講師,医学生)41名が,当院の陽子線医学利用研究センター,けやき棟を見学するため来院しました。

 これは,筑波医学生国際交流連盟(TIMSA)とUMIが計画し,本院国際連携推進室の協力により実施されたものです。

 陽子線医学利用研究センターでは同センターを紹介するビデオの視聴,榮武二教授の案内で,治療室,回転ガントリー及びサイクロトロンを見学しました。

 けやき棟では救急部,病棟,展望ラウンジ,けやきプラザ及び屋上ヘリポートを見学しました。

 

video

陽子線のビデオを視聴する学生達

cycle

サイクロトロンを見学する様子

photo

UMI,TIMSA及び関係者による記念撮影

このページのトップへ