印刷

お知らせ・情報

自然観察会「氷の大明神滝ツアー“雪上の発見”」を開催

2014/02/01

2月1日,菅平高原実験センターで,例年好評をいただいている冬の観察会を開催しました。

抽選で選ばれた32名が参加し,冬の菅平を満喫しました。

参加者は,町田龍一郎教授による30分の講義を聞いた後,大明神滝のまでの観察道を歩きました。

観察道では,ボランティアガイド(当センターナチュラリスト養成講座修了)から冬芽や野鳥,雪上に残る動物の足跡の説明を 聞きながら,凍結した大明神の滝を目指しました。

氷瀑となった大明神滝は,近くまで行き観察することができます。

今年は,例年よりも氷が薄いため,内側を水が流れている様子が見られました。

 

 <お願い>

大明神の滝とその周辺では自然が良好に保たれており,様々な研究・調査 が継続されています。

貴重な自然と継続調査地を将来にわたって保全する必要があります。

また,周囲に危険箇所があるために状況に応じた注意を要します。

そのため大明神の滝は, センターが開催する公開日などを除いて原則非公開となっています。

なにとぞご了承ください。
20140201

このページのトップへ