印刷

お知らせ・情報

外国語教育ラウンドテーブル「英語による専門教育・教養教育を大学においてどう実現するか?」を開催

2014/01/14

平成26年1月14日,筑波大学大学会館特別会議室において,外国語教育ラウンドテーブル「英語による専門教育・教養教育を大学においてどう実現するか?」(外国語センター主催・浜名恵美センター長)が開催され,教職員・学生及び学外聴講者も含め多くの参加がありました。
この外国語教育ラウンドテーブルは,外国語センターの社会貢献事業の一環として,最新の外国語教育に関する様々な情報を積極的に発信することで,特に地域社会に貢献することを目的に開催されています。
今回のラウンドテーブルでは,英語による専門教育・教養教育を大学においてどのように推進し,充実させていけばよいのかという課題について,実践報告と共同討議を行いました。招聘講師として,英語による専門教養教育を先進的に実施している国際教養大学(Akita International University,大学院教授の 内田浩樹氏をお招きし,筑波大学の,英語による様々な教育研究プログラムに携わる教員を交えて議論を行いました。

開会挨拶では,筑波大学を代表して清水一彦学生担当副学長より挨拶がありました。
挨拶では,まず大学の国際化の中で外国語教育改革の占める位置が大きいこと,また今後英語による教養教育と専門教育を本学でも拡大していく必要があること,さらに学生たちの自立能動の学習スタイルを外国語学習においてもしっかりと定着させることなどが強調されました。挨拶の締めくくりに「アクティブ・ラーニング」という教育理念の重要性を教員が十分に理解していかなければならないと指摘されました。

ラウンドテーブルでは,浜名恵美教授(筑波大学人文社会系・外国語センター長,JTP・G30担当教員),箕輪真理准教授(筑波大学人文社会系,JDSプログラム・世界銀行プログラム担当教員),武井隆道教授(筑波大学人文社会系・外国語センター,G30担当教員),渋谷彰教授(筑波大学医学医療系,Ph.D.Program in Human Biology責任者),内田浩樹教授(国際教養大学専門職大学院英語教育実践領域代表)の順で報告がされました。
その中で,4つのポイント(1)制度の整備,(2)日本人学生の育成,(3)教育・研究指導体制の整備,(4)筑波大学のグローバル教育体制の可能性について討議しました。渋谷教授からは本格的な人材を輩出するためには,高い専門性と深い専門的知識という知的バックグラウンドを学生たちがまず備えていることが英語プログラムの大前提であると強調されました。また内田教授からは英語による学士教育を成功させるためには,教員にも事務職員にも学生にも甘えを決して許さない徹底的な制度上のしくみを構築する必要があり,大学全体としてその覚悟を共有することが大事だと述べられました。
最後に,外国語センター長補佐の磐崎弘貞教授から報告・討議に対する総括コメントと閉会の挨拶が述べられました。

roundtablephoto1
開会挨拶する清水一彦学生担当副学長 

roundtablephoto2
ラウンドテーブルの報告者と発言する内田浩樹教授

このページのトップへ