印刷

お知らせ・情報

講演会「よりよく研究を伝えるために」を開催

2014/03/11

大学で行なわれている研究を効果的に伝えるためにはどうすればよいか。そもそもなぜ,そのようなことをしなければいけないのか。その理由や効果的な伝え方を学ぶための公開講演会を3月11日に大学会館国際会議室で開催しました。講師は米国のいくつもの研究大学トップ校のサイエンスコミュニケーターを務め,現在は研究広報コンサルタントをしているデニス・メレディスさん。
身振り手振りを交えたデニスさんの90分に及ぶユーモアたっぷりの講演に,150名の定員を超える参加者全員が魅了されました。
筑波大学はよりいっそう社会に開かれた大学を目指して,今後もさまざまな挑戦を続けていきます。

※講演で使用したスライドは,関連リンク(外部サイト)でご覧いただけます。

 

講演をするデニス・メレディスさん
講演をするデニス・メレディスさん

photo2
150名の定員を超える会場の様子

photo3
ユーモアたっぷりの講演

関連リンク

このページのトップへ