印刷

お知らせ・情報

「障害学生支援技術」全体オリエンテーションを実施

2014/04/25 障害学生支援室

 2014年4月23日・25日に,2H101教室において,自由科目(特設)「障害学生支援技術」兼ピア・チューター養成講座の全体オリエンテーションを実施しました。障害学生の支援について深く学びたい学生,ピア・チューター活動への参加を志す学生が,合わせて120名ほど参加しました。
 障害学生支援室では,障害学生に対して質の高い支援を提供できる支援者を養成するために,ピア・チューター(支援学生)養成講座を実施しています。自由科目(特設)「障害学生支援技術」は,未経験者向けの養成講座を授業化したものであり,毎年60~80名程度が履修し,その約8割がピア・チューターとして活動しています。
 全体オリエンテーションでは,障害学生支援室の教員が筑波大学の障害学生支援体制の概要を説明した後,各障害学生支援チームのスタッフ(障害学生とピア・チューター)が,実際の支援活動についてプレゼンテーションを行いました。障害学生とピア・チューターの生の声を聞くことで,障害学生支援に対する関心を高める受講者の様子がうかがえました。また,オリエンテーション中は,聴覚障害学生への情報支援(手話通訳,パソコン要約筆記)をピア・チューターが行い,受講生が実際の支援場面を目にする機会となりました。
 今後は,障害別養成講座(視覚障害,聴覚障害,運動障害)を開講し,受講生は障害や支援に関する知識と技術を身につける予定です。より多くの受講生がピア・チューターとして活動したり,大学生活の中で支援技術を活かしてくれることを期待しています。

障害学生支援室による支援体制の説明
障害学生支援室による支援体制の説明

支援スタッフによる支援活動の紹介
支援スタッフによる支援活動の紹介

このページのトップへ