印刷

お知らせ・情報

永田学長が日英研究教育大学協議会に参加

2014/05/01 国際部国際企画課

 2014年5月1日,英国ロンドンのユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)において,日英研究教育大学協議会を在英国日本大使館とUCLが主催し開催しました。本学から永田恭介学長,ベントン・キャロライン副学長,秋山和男副理事が参加しました。この会議は,日英両国の高い研究教育力を有する大学の代表者が集まり,両国の大学間での協力を,より一層強化するための議論を行うことを目的としています。日本からは本学の他,東京大学,京都大学,慶應義塾大学,早稲田大学など14大学,英国からは,UCL,ケンブリッジ大学,オックスフォード大学,エジンバラ大学など16大学の学長級が出席するとともに,英国を訪問中の安倍晋三内閣総理大臣が特別セッションに出席しました。
 会議では教育協力と研究協力の2つのセッションを設け,両国の高等教育政策や,それを取り巻く社会の状況に関するプレゼンテーションに続いて,両国間での留学生交流を促進させるための方策,国境を超えた学生交流が普遍化している世界の情勢に対応した大学の教育システムの改革,両国の大学間での研究協力の促進,産学官連携の促進,若手研究者の交流促進などをテーマに,参加者が意見発表や討議を行いました。永田学長は研究における日英協力に関するセッションで,本学の特色と筑波研究学園都市の中核機関としての役割,英国をはじめとする欧米の大学との研究協力,新たな国際連携として「キャンパス・イン・キャンパス構想」などに関するプレゼンテーションを行いました。
 特別セッションでは,安倍総理から国際的な教育・研究交流の重要性とともに,政府として大学のグローバル化を強力に推進し,今回の会議を契機として日英間の新たな協力の発展に期待するとの発言がありました。日英双方の出席者との間では,日本人の海外留学が減少している現状の回復や若手研究者交流の重要性,学問による社会問題解決への貢献などについて,活発な意見交換が行われました。
 会議の最後に,両国の大学間での学生や研究者の交流,研究協力を更に推進するとともに,今後も継続的に協議していくとする共同声明を採択し,閉会しました。
 今回の会議に,本学が日本側大学の一員として参加したことは,本学が掲げる「地球規模課題の解決」の方針に基づく研究面,教育面での国際協力を更に進展させるものであり,今後,英国をはじめ欧州の大学との交流や連携を拡大につなげていきます。

日本側参加機関 
北海道大学,東北大学,筑波大学,東京大学,東京工業大学,一橋大学,
名古屋大学,京都大学,大阪大学,九州大学,慶應義塾大学,早稲田大学,
立命館大学,同志社大学
文部科学省,日本学術振興会ロンドン事務所,在英国日本大使館
英国側参加機関
ブリストル大学,ケンブリッジ大学,ダーラム大学,エジンバラ大学,
インペリアルカレッジ・ロンドン,キングスカレッジ・ロンドン,
リーズ大学,リバプール大学,ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス,
マンチェスター大学,ニューキャッスル大学,オックスフォード大学,
シェフィールド大学,ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン,ヨーク大学,
ワーウィック大学,
ブリティッシュ カウンシル

 永田学長一行は,会議に先立ち,4月30日に日本学術振興会ロンドン研究連絡センターを訪問し,竹安所長と英国の大学との連携強化に関して意見交換を行いました。また,会議後の5月2日にオックスフォード大学を訪問し,セント・アントニーズ・カレッジのマーガレット・マクミラン学長,ロジャー・グッドマン社会科学学部長,イアン・ニアリー日産日本学研究所所長,アーサー・ストックウィン名誉フェロー(元英国日本研究協会会長)等,英国を代表する著名な日本研究者と懇談し,地域研究や日本研究の領域における本学との連携の可能性などについて意見交換を行いました。

研究協力の促進についてプレゼンテーションを行う永田学長
研究協力の促進についてプレゼンテーションを行う永田学長

安倍総理を囲んでの記念撮影
安倍総理を囲んでの記念撮影

会議場にてオックスフォード大学のハミルトン学長と
会議場にてオックスフォード大学のアンドリュー・ハミルトン学長と

セント・アントニーズ・カレッジのマクミラン学長(中央)等との懇談
セント・アントニーズ・カレッジのマーガレット・マクミラン学長(中央)等との懇談

このページのトップへ