印刷

お知らせ・情報

平成26年度 スーパーグローバル大学等事業 「スーパーグローバル大学創成支援」採択について

2014/09/26

このたび,文部科学省の平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援」に,本学の構想「トランスボーダー大学がひらく高等教育と世界の未来」がタイプA(トップ型)として採択されました。 

この事業は我が国の高等教育の国際競争力を向上することを目的に,徹底した大学改革や国際化を進め,世界に伍する高いレベルの教育研究を行う大学(タイプA)および我が国の社会の国際化を牽引する大学(タイプB)を重点支援するものです。

今後本学は国,機関,学内組織などの境界を超えた教育研究のトランスボーダー化を加速し,地球規模課題の解決に貢献する大学として,「開かれた大学」から「我が国の高等教育と社会を世界に開き,率先して世界の未来を拓く大学」への跳躍を成し遂げることを目指します。 

本学の構想で核となるのが,本学と国内外のパートナー大学・機関のキャンパスを創成し,学生や教職員・研究者が自由に教育研究交流できる環境を実現するCampus-in-Campusです。このCampus-in-Campusを基盤に積極的に学内外の教育研究資源を活用し,以下の取組を実施します。

国内外のパートナー大学との協働により,授業を相互共有する仕組み(「科目ジュークボックスシステム」)を構築し,学生が海外の大学の授業を自由に受けられる機会を提供するとともに,質の高い教育プログラムを実施し,国際社会で活躍できる人材の育成を進めます。

■卓越した業績を誇る教育研究ユニットを相互に共有し,国際共同教育研究をより推し進め,世界トップレベルの教育研究拠点を形成します。

海外の有力大学に加え,筑波研究学園都市の機関,本学の附属学校,国際的な教育に積極的に取り組む高校とも連携し,内外に開かれたトランスボーダーな教育研究を展開します。

■学長の強いリーダーシップのもと,今後10年の大学のあり方を見据えたガバナンス改革を断行します。

 

これらの取組により筑波大学は柔軟で機動力を持った運営体制のもと,研究力と教育力を飛躍的に高め,世界的存在感を持ったトップクラスの大学を目指します。

super_global_j

関連リンク

このページのトップへ