印刷

お知らせ・情報

平成26年度第2回駐輪マナー向上キャンペーンを実施

2014/10/10

 

10月7日から1010日までの4日間,障害学生支援室・学生生活課・全代会の連携により,「第2回駐輪マナー向上キャンペーン」を昼休みに実施しました。

 障害学生の通行頻度が特に高い第2エリアおよび第3エリア周辺を中心に,図書館,第1エリア,体芸エリア,外国語センター前などでも呼びかけを行いました。視覚,聴覚および運動・内部障害学生支援チームのピア・チューター,障害学生支援室教職員,学生生活課職員,そして全代会の代表者が,自作のビラ(表面は日本語版,裏面は英語版)を配布しながら声かけをして,駐輪マナー向上や,点字ブロックや車いすの通行への理解を呼びかけました。

また,マナー違反の駐輪自転車は駐輪スペースへ移動の上,注意を呼びかけるタグを貼付けました。初日は台風で中止になってしまいましたが,学生・教職員が一体となって,声かけや自転車整理を行いました。

 今回は新たな試みとして,全代会とも連携して実施しました。また,期間中は電子掲示板に,駐輪マナーを呼びかける電子コンテンツを掲示しました。

 5月の第1回に比べると(駐輪マナー向上キャンペーンは例年5月と10月に実施されています),マナー違反の駐輪自転車は減っていましたが,授業開始時間が近くなると,マナー違反の駐輪自転車が増えていました。

 マナー違反の駐輪自転車は,点字ブロック付近を歩く視覚障害学生や運動障害学生の大切な道を妨げます。誰もが歩きやすく,通りやすい「共生キャンパス」の実現に向け,

1.点字ブロック付近には駐輪しないでください。

2.駐輪は定められた駐輪スペースに駐輪してください。

以上2点について,引き続き皆様のご協力をお願いいたします。

 

 

駐輪スペースからはみ出した自転車

駐輪スペースからはみ出した自転車

 

駐輪マナー向上を呼びかける車いす利用学生

駐輪マナー向上を呼びかける車いす利用学生

このページのトップへ