印刷

お知らせ・情報

第17回(平成26年度)ホームカミングデーを開催

2014/11/02

筑波大学学園祭「第40回雙峰祭」開催期間中の11月2日に,筑波大学大学会館レストランプラザにおいて第17回(平成26年度)筑波大学ホ-ムカミングデ-を開催しました。

ホームカミングデーは,本学(旧図書館情報大学を含む。)卒業生と,教職員等が交流を深め,本学の一層の発展に資することを目的としており,学群・学部卒業後20年を経過した卒業生を中心に,毎年お招きしているものです。

今年は,学群・学部卒業生については平成2年度入学生を,また,大学院修了生については,今回お招きしている卒業生の大学院進学と同年度となる平成6年度に本学大学院に入学された方をご招待しました。それぞれのご家族,当時教鞭をとられていた退職教員もお招きし,本学関係者と合わせ300名を超える方々が一堂に集い,大盛況となりました。

篠塚友一ホームカミングデー委員会委員長(社会・国際学群長)が司会を務め,本学からは,永田恭介学長をはじめ,副学長,学群長,学類長,研究科長等が出席し,会の冒頭で永田学長から歓迎の挨拶がありました。

続いて,学群卒業生の河西(旧姓:竹村)文さん[第二学群生物学類卒業,医科学研究科医科学専攻修了]と大学院修了生の野崎裕介さん[体育研究科健康教育学専攻修了]から,当時のエピソードを交えた卒業生の代表挨拶をいただくと,一同,当時を思い出し,大いに懐かしんでいたようです。   

引き続き登壇された江田昌佑一般社団法人茗渓会理事長(筑波大学名誉教授・元副学長)からは,開催にあたっての同会からの寄附金目録が永田学長に手渡され,来賓としてのご祝辞をいただきました。

その後,清水一彦学生担当副学長の乾杯の発声により歓談に入ると,旧友や恩師との久々の再会に話も弾み,終始和やかな雰囲気の中,同伴されたご家族とともに大いにお楽しみいただけた様子でした。

最後に,宮本雅彦ホームカミングデー委員会副委員長(理工学群長)の挨拶により閉会となりました。束の間の交流会ではありましたが,参加された皆様にとって大変有意義なひと時となったようです。

 

このホームカミングデー開催に併せ,同期会,研究室やサークル等の集まりが企画されるなど,卒業生・修了生,在学生,教職員の絆を深めるきっかけとなっております。筑波大学ホームカミングデーが,本学と卒業生・修了生等関係者の皆様の益々の交流促進の契機となる行事として,なお一層充実したものになりますよう,これからも忌憚のないご感想・ご意見をいただければ幸いです。

なお,当日仕事の都合等で出席できなかった方々からも貴重なメッセージをたくさんいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

連絡先:筑波大学連携・渉外室(ホームカミングデー担当)

E-mail:homecomingday#@#un.tsukuba.ac.jp (「#@#」を「@」に置き換えてください。)

 

歓迎の挨拶を述べる永田学長

歓迎の挨拶を述べる永田学長

 

卒業生代表挨拶:河西さん

卒業生代表挨拶:河西さん

修了生代表挨拶:野崎さん

修了生代表挨拶:野崎さん

一般社団法人茗渓会江田昌佑理事長からの寄附目録贈呈

一般社団法人茗渓会江田昌佑理事長からの寄附目録贈呈

清水副学長による乾杯の発声

清水副学長による乾杯の発声

hc06

 

 

 

 

このページのトップへ