印刷

お知らせ・情報

ベトナム・チョーライ病院とのテレカンファレンスを実施

2014/10/29

平成261029日,筑波大学附属病院とベトナム・チョーライ病院との間で第3回テレカンファレンスが実施されました。今回のトピックは消化器外科における腹腔鏡下手術で,実質臓器では脾臓摘出術,管腔臓器では直腸切除術に関するものです。

 当日は両病院あわせ30名以上と九州大学アジア遠隔医療センター清水周次センター長を含む2名が参加し,チョーライ病院,筑波大学附属病院双方からのビデオクリップを含む発表と討論および質疑応答を行いました。

今回,チョーライ病院,筑波大学附属病院間のカンファレンスでは初めて動画の転送が行われ,双方の医師からは具体的に多くの質問がだされるなど,実り多きカンファレンスであったとの声が聞かれました。

このカンファレンスは今後も定期的に実施する計画であり,医療の国際化の理念のもと,両国の多くの医師がそれぞれの知識やスキルを磨く最適な機会となることが期待されています。

カンファレンスのモニター画面

カンファレンスのモニター画面

 

チョーライ病院で発表に聞き入る参加者

チョーライ病院で発表に聞き入る参加者

ビデオカンファレンス開始直前の最終打ち合わせ

ビデオカンファレンス開始直前の最終打ち合わせ

筑波大学附属病院からのカンファレンスの様子

筑波大学附属病院からのカンファレンスの様子

 

このページのトップへ