印刷

お知らせ・情報

永田学長,ベントン副学長等が東アジア研究型大学協会(AEARU)第35回理事会・第20回総会に出席

2014/11/01

35回東アジア研究型大学協会(AEARU)理事会及び第20AEARU総会が,平成261031日に南京大学(中国)で開催されました。本学からはAEARUの理事を務める永田恭介学長,ベントン・キャロライン副学長,大根田修室長,秋山和男副理事,王太芳職員(上海オフィス)が出席しました。

今回の会議では,中国,韓国,台湾,香港,日本のトップ研究大学17校で構成されるAEARUに,新たに延世大学(韓国)が加盟することが承認されました。また,次回の第36AEARU理事会を平成27年4月に北京大学で,第37AEARU理事会及び第21AEARU総会を平成2712月に香港科学技術大学において開催することが決定しました。

AEARU加盟大学の活動に関して,永田学長から,平成26715日~17日に本学で開催した第3AEARUスポーツ競技大会(バスケットボール交流試合)及び平成27年2月25日~27日に開催する第10AEARUコンピューターサイエンス・ウェブテクノロジーワークショップについて報告しました。また,来年秋には若手研究者国際会議を開催したいことを報告しました。

AEARUは,ヨーロッパ研究型連盟(LERU)と連携を強めており,平成26年4月にLERUと「現代の研究大学の10の特性に関する合肥宣言」に署名するとともに,平成2611月にオランダ・ライデン大学で開催されるLERUグローバル社会科学・人文学(SSH)会議において「グローバルな研究の展望下での社会科学・人文科学の役割に関するライデン宣言」に署名することが報告され承認されました。

11月1日,第4回AEARU科学技術パーク・ワークショップが開催され,中国政府関係者,南京市地域大学代表者とともに,本学からはベントン副学長,秋山副理事,王職員が出席しました。本ワークショップにおいて,ベントン副学長が基調講演を行い,筑波研究学園都市に位置する本学の産学連携,国際戦略総合特区,ベンチャー企業などの取組について紹介しました。その後,南京大学の仙林校区の展覧館における研究イノベーションの成果に関する展示,南大科学園の概要と成果の紹介展示,南京大学とニューヨーク大学理工学部との共同による国際創新創業学院などの視察も行いました。

AEARU総会の様子

AEARU総会の様子

永田学長 AEARU総会

永田学長 AEARU総会

AEARU総会終了後の集合写真

AEARU総会終了後の集合写真

ベントン副学長 第4回AEARU科学技術パーク・ワークショップ

ベントン副学長 第4回AEARU科学技術パーク・ワークショップ

ベントン副学長 南京大学視察

ベントン副学長 南京大学視察

このページのトップへ