印刷

お知らせ・情報

外務省・七澤淳氏による講演会を開催

2015/06/01

2015年6月1日,大学の世界展開力強化事業(ロシア)「ロシア語圏諸国を対象とした産業界で活躍できるマルチリンガル人材育成プログラム(略称:Ge-NIS)」主催の講演会「日本外交のフロンティア:『中央アジア+日本』対話~外交実務の立場から」が筑波大学中央図書館集会室にて開催され,外務省欧州局中央アジア・コーカサス室長・七澤淳氏による講演が行われました。

中央アジア地域はカザフスタン,キルギス,タジキスタン,トルクメニスタン,ウズベキスタンの5カ国から成り,ロシア,中国,EUに挟まれ,大国の様々な思惑が交錯し注目を集める地域。さらに同地域は石油,天然ガス,レアメタルなど天然資源が豊富で,日本の資源外交にとっても重要な地域です。

講演には約30名の本学学生・教職員が参加しました。七澤氏は,中央アジア各国にとって日本が重要なパートナーとみなされていることを踏まえ,日本と中央アジア5カ国の対話の枠組みである「中央アジア+日本」の取り組みを中心に解説。近年日本との関係を強化しているトルクメニスタンの例をあげ,二国間関係が深まると「中央アジア+日本」における多国間対話もより活発になることなど,相手国のニーズを踏まえた信頼醸成を重視する実際の活動について詳細に話されました。また質疑応答の時間には,中国の進める「新シルクロード構想」と中央アジアの関係についてなどの質問が学生からあがり,活発な議論がなされました。

201506051328

関連リンク

このページのトップへ