印刷

お知らせ・情報

第19回茗渓・筑波グランドフェスティバル開催

2015/06/13

第19回茗渓・筑波グランドフェスティバルを,6月13日に,筑波大学大学会館において開催いたしました。
茗渓・筑波グランドフェスティバルは,筑波大学の卒業生及び前身校である東京教育大学の卒業生,ならびに在学生と教職員が集い,世代を超えて親睦を深め,筑波大学の更なる発展に寄与しようという願いから,平成8年1月にはじまり,今年で19回を迎えました。
当イベントは近年,学群の持ち回りにより企画・運営をお願いしており,今回は情報学群と芸術専門学群の担当ということもあり,シンポジウムメインテーマを「情報」と「芸術」が融合した,「メディアアート」として開催し,各方面で活躍されている関係者や本学教員,大学院生による講演及びパネルディスカッションを行いました。

オープニングセレモニーに引き続き行われたシンポジウムでは,まず,女子美術大学アートデザイン表現学科メディア表現領域教授 季里(きり)氏より「メディアテクノロジーと私」をテーマに,時代ごとのテクノロジーの変遷を紹介いただきながら,自身が手掛けた事業や作品などについてお話しいただきました。
次に登壇いただいた,本学システム情報系教授 三谷純氏からは「Computational Origami Art」をテーマに,自身の研究であるコンピューターグラフィックスの立体形状設計技術を駆使した折り紙による造形を紹介いただくとともに,さらなる応用の可能性などについてお話しいただきました。
さらに,本学大学院(グローバル教育院エンパワーメント情報学プログラム)1年 大図岳氏からは,「プログラミングが表現者に与える翼」をテーマに,芸術専門学群在籍時にプログラミングの魅力に目覚められて同プログラムに進学された経緯やこれまで生み出した作品などについてお話しいただき,プログラミングをはじめとする電子技術による表現の幅のさらなる拡張についてお話しいただきました。
最後に,本学図書館情報メディア系助教 落合陽一氏から,「魔法の世紀~表現技術がメディアアートを拡大する~」をテーマに,超音波を用いた自身の研究成果の紹介を交えながら,コンピュータテクノロジーが成熟期を迎えた現代におけるメディアアートの展望などについてお話しいただきました。

また,パネルディスカッションでは,学生委員の進行により,今大会の実行委員長である本学の西川博昭情報学群長,同副委員長である中村伸夫芸術専門学群長にもコーディネーターとしてご参加いただき,講演者4氏を中心に,今後挑戦したい分野や,「情報科学」と「芸術」の融合に係る今後の可能性などについて,それぞれの専門分野からの活発な意見交換が行われました。参加者からも多くの質問が寄せられるなど,会場内一同,興味深い内容に対し熱心に耳を傾けていました。

シンポジウム後に開催された懇親会では,応援部WINSによるパフォーマンスやメッセージソング「IMAGINE THE FUTURE.」の披露,宣揚歌「桐の葉」の合唱などが行われ,終始なごやかな雰囲気に包まれていました。会場内では世代や立場を超えた交流・意見交換が活発に行われ,参加者にとって有意義なひと時となりました。

オープニングセレモニーでの大会副会長:玉川副学長によるあいさつ

オープニングセレモニーでの大会副会長:玉川副学長によるあいさつ

大会参与:江田昌佑一般社団法人茗渓会理事長によるあいさつ

大会参与:江田昌佑一般社団法人茗渓会理事長によるあいさつ

大会実行委員長:西川博昭情報学群長によるあいさつ

大会実行委員長:西川博昭情報学群長によるあいさつ

講演者の皆さん(左から,季里氏,三谷氏,大図氏,落合氏)

講演者の皆さん(左から,季里氏,三谷氏,大図氏,落合氏)

懇親会で祝辞を述べる一般社団法人茗渓会西川潔副理事長

懇親会で祝辞を述べる一般社団法人茗渓会西川潔副理事長

乾杯の挨拶を述べる大会実行委員会副委員長:中村伸夫芸術専門学群長

乾杯の挨拶を述べる大会実行委員会副委員長:中村伸夫芸術専門学群長

筑波大学応援部WINSによるパフォーマンス

筑波大学応援部WINSによるパフォーマンス

関連リンク

このページのトップへ