印刷

お知らせ・情報

駐キルギス共和国日本国特命全権大使が来学,講演会を開催・副学長らと会談

2015/06/18

2015年6月18日,大学の世界展開力強化事業(ロシア)「ロシア語圏諸国を対象とした産業界で活躍できるマルチリンガル人材育成プログラム(略称:Ge-NIS)」主催(協力:筑波大学地域研究イノベーション学位プログラム,筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター)の講演会「キルギスの最新事情」が筑波大学中央図書館集会室にて開催され,駐キルギス共和国特命全権大使(駐タジキスタン特命全権大使兼任)の小池孝行閣下による特別講演会が行われました。

キルギスは中国の西,カザフスタンの南に位置する中央アジアの山岳国家で,人口は約550万人。1991年の独立後,二度の革命に揺れながらも,西欧型の民主主義の確立を目指して前進しています。

本講演会には学内外から約50名が参加。小池大使閣下はキルギスの政治,社会,文化のダイナミズムについて,時にユーモアを交えながら,外交官ならではの独自の視点で紹介されました。講演内容に触発された,参加学生から数多くの質問が出され,非常に活発な議論が行われました。

また講演後,大使閣下はベントン・キャロライン国際担当副学長を訪れ,日本とキルギス共和国との文化交流,教育学術交流の重要性について意見交換を行いました。

駐キルギス共和国特命全権大使(駐タジキスタン特命全権大使兼任)小池孝行閣下(右),キャロライン・ベントン国際担当副学長(左)

駐キルギス共和国特命全権大使(駐タジキスタン特命全権大使兼任)小池孝行閣下(右),キャロライン・ベントン国際担当副学長(左)

講演会の様子

講演会の様子

このページのトップへ