印刷

お知らせ・情報

藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センターを創設

2015/07/01

国立大学法人筑波大学(学長:永田恭介,以下「筑波大学」)は,7月1日付けで,「藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター」(センター長:渡辺信 筑波大学教授)を設立しました。これは,同日付けで,筑波大学の新たな組織のカテゴリーとして設置した外部資金等のみで組織を運営する「開発研究センター*1」制度の第一号となります。同センターは,約50名の教員からなる国内最大規模の藻類バイオマスのセンターで,基礎研究から実証研究及び産業応用までを一貫して推進し,藻類から抽出したオイルの実用化及び新産業創出を目指します。

次世代エネルギーの資源として藻類バイオマスはカーボンニュートラルであり,オイル生産性が高く食糧生産と殆ど競合しないことから,二酸化炭素の発生源となっている化石燃料の課題を解決する技術として期待されています。また,近年,化石エネルギーの代替としての可能性に加えて,農業,環境分野,化学製品分野,医療・健康分野における産業応用が注目されています。しかし,その取り組みは,まだ緒に就いたばかりであり,今後,そのポテンシャルを実用化や新産業創出に発展させるためには,従来の生物学を中心とした研究から学際研究へシフトし,国内外の様々な分野の専門家を戦略的に取り込み,企業との協力を拡大するとともに,世界トップレベルの研究者を集結させ,国際的な藻類バイオマス・エネルギーシステムの研究と,人材育成の拠点形成が必須です。

このような視点から,今回,筑波大学は,「藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター」を設立しました。研究部門は,バイオリソース分野,代謝・遺伝子工学分野,生産システ工学分野,グリーンケミストリー分野,エネルギシステム分野,健康医学分野の6つからなります。国内では筑波大学だけが保有する大型の藻類バイオマス生産設備を活用した藻類バイオマス利用技術を発展させ,これらの分野の基礎研究から実証研究及び産業応用までを一貫して推進する体制を構築しました。

今後,同センターでは,産業利用として,再生可能エネルギーのシステム開発や,排水処理技術,農業用飼料,化粧品,医薬品などへの応用を進めます。また,海外から優秀な研究者を招くとともにほか,途上国の学生らに学位を授与するなど,人材育成機能も強化していく予定です。

 

「開発研究センター」【注釈】

*1)社会還元型の研究を推進しイノベーション創出を促進するために,外部資金等を事業運営費として,社会的要請の高い学問分野での共同研究開発を積極的に推進し,産学官の共同研究体制を構築する組織。期間は5年で延長もできるが,外部資金での運営が不可能になった時点で廃止となる。筑波大学のミッションである教育,研究,社会貢献のうち,社会貢献のミッションを担う新たな組織として平成27年7月1日付けで設置された。名称は「開発研究センター」とし,筑波大学国際産学連携本部のもとに開設される。

 

■問い合わせ先

国立大学法人筑波大学

国際産学連携本部 藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター

鶴田 恵介

TEL 029-853-4566

 

センター外観

センター外観

チューブリアクター50L

チューブリアクター50L

レースウェイ3.5t

レースウェイ3.5t

このページのトップへ