印刷

お知らせ・情報

マレーシア-日本国際工科院(MJIIT)にかかる貢献に対して,外務大臣から表彰状授与

2015/08/31 クアラルンプールオフィス寄稿

― 26大学コンソーシアム(JUC)会合(2015.8.31 於・外務省)―

 平成27年8月31日,マレーシア日本国際工科院(MJIIT)コンソーシアム(JUC)第15回会合が,外務省にて開催され,ベントン・キャロライン副学長,白岩善博学長補佐,松崎広好国際室担当課長が出席しました。本学は,同コンソーシアムの第25番目のメンバー大学として,MJIIT内に本学の海外拠点(クアラルンプールオフィス)を設置の上,2名の本学教員(杉浦則夫特命教授,岩本浩二准教授)をMJIITに派遣するなど,MJIITの環境グリーン技術(EGT)分野において重要な役割を担ってきました。

この度,同コンソーシアムは,マレーシアにおける国際協力の推進に尽力し,もって我が国と諸外国との友好親善に寄与した功績により,外務大臣表彰を受賞しました。本学もその一員として,岸田外務大臣からの表彰状を同コンソーシアム会合において受領しました。

当日は,MJIITが設置されているマレーシア工科大学(UTM)のWahid bin Omar副学長(実質的な学長格),MJIITのRubiyah Yusof院長,堀江正彦UTM名誉大使(環境問題担当大使)も出席され,本コンソーシアムを通じた日本の大学との連携強化,プロジェクトの状況について活発な議論が行われました。

今後とも,本学は新たに防災学分野,藻類利用,水処理などの事業や研究・教育などでの協力を核に,MJIIT/UTMおよびマレーシアの一層の発展に向けて,引き続き,同コンソーシアムとの連携・協力を軸に連携協力を推進して行きます。

左から,原啓文MJIIT准教授,白岩学長補佐,ワヒド・オマーUTM副学長,デュリシャーUTM・KLキャンパス長,牧島亮男シニアプロフェッサー,堀江正彦UTM名誉大使(明治大学特任教授・筑波大学客員教授),ベントン副学長,ルビアMJIIT院長,木下智見元MJIIT副院長(九州大学名誉教授)。

左から,原啓文MJIIT准教授,白岩学長補佐,ワヒド・オマーUTM副学長,デュリシャーUTM・KLキャンパス長,牧島亮男シニアプロフェッサー,堀江正彦UTM名誉大使(明治大学特任教授・筑波大学客員教授),ベントン副学長,ルビアMJIIT院長,木下智見元MJIIT副院長(九州大学名誉教授)。

左から,ルビアMJIIT院長,白岩学長補佐,堀江正彦UTM名誉大使,ワヒド・オマーUTM副学長,ベントン副学長。

左から,ルビアMJIIT院長,白岩学長補佐,堀江正彦UTM名誉大使,ワヒド・オマーUTM副学長,ベントン副学長。

左から,ベントン副学長,小林史典MJIIT副院長,白岩学長補佐。

左から,ベントン副学長,小林史典MJIIT副院長,白岩学長補佐。

岸田外務大臣からの表彰状授与の後,記念撮影をするJUC各小委員会幹事校代表。

岸田外務大臣からの表彰状授与の後,記念撮影をするJUC各小委員会幹事校代表。

このページのトップへ