印刷

お知らせ・情報

ドイツ・エッセン大学病院日独交流担当教授が筑波大学附属病院を来訪

2015/11/19 国際連携推進室

 11月19日,ドイツ・エッセン大学病院のヴォルフガング・ザウワーワイン(Wolfgang Sauerwein)氏が筑波大学附属病院を訪れました。
 今回の同氏の訪問は,エッセン大学及び同病院と本学及び本院との今後の交流について,広く話し合うためのものです。
 当日朝から,桝正幸 医学類長をはじめ,田中誠 麻酔科長,我妻ゆき子 医学医療系教授及び 秋山稔 国際連携推進室長と会合し,今後の学生間の交流について話し合われました。その後,院内視察としてビジネス病棟やICU・ER等を見学し,同氏からはドイツの医療現場との比較等,多くの質問がありました。
 午後からは学内視察として,美しく秋めいたキャンパスを見学し,さらに夕方からは 松村明附属病院長との会合ももたれました。
 今回の訪問で同氏からは,双方が積極的な交流を進めていくことが重要である旨の発言があり,今後活発な交流が期待される訪問となりました。

屋上ヘリポートにて 右から秋山国際連携推進室長,ザウワーワイン氏

屋上ヘリポートにて
右から秋山国際連携推進室長,ザウワーワイン氏

このページのトップへ