印刷

お知らせ・情報

平成27年度筑波大学防災訓練を実施

2015/11/18

 11月18日,学生・教職員約5,800名の参加を得て,筑波大学防災訓練を実施しました。訓練は,茨城県沖で大規模地震が発生し,つくば市で震度6弱の揺れを感じたという想定で実施され,筑波キャンパスの各部局の防災自衛隊及び災害対策本部を中心に,避難誘導,避難者の安否確認,負傷者の搬送訓練などを行いました。
 同時に,稲垣敏之副学長の指揮のもと,全学災害対策本部を設置し,屋外放送設備による放送訓練,各部局からの情報収集及び東京キャンパス,遠隔地のセンターを含む全学の情報把握の訓練などを行いました。
 本部棟の訓練では,つくば市中央消防署桜分署の指導・協力を得て,訓練後に講評をいただきました。
 また,学生・教職員自らが行う安否報告WEBシステムへの安否登録者数は,訓練開始から20日の17時までの期間で約8,000名でした。
 今回の訓練は,各部局とも災害時の行動についての問題点を把握する上で有意義な機会となりました。本学は今後も防災対策の充実に努めていきます。

全学災害対策本部 稲垣副学長の講評

全学災害対策本部 稲垣副学長の講評

屋外避難場所への避難訓練

屋外避難場所への避難訓練

負傷者搬送訓練 搬送用器具の確認

負傷者搬送訓練 搬送用器具の確認

このページのトップへ