印刷

お知らせ・情報

つくばプロモーションイベント~Future ROBOTICS Forum

2015/11/27

 平成27年11月27日,文部科学省が主催する「つくばプロモーションイベント~イノベーション・エコシステム構築に向けて~Future ROBOTICS Forum」が,つくば地域で生まれたテクノロジーや先端技術シーズを質的に優れたイノベーションへと変化させ,それらが自立的に発展・循環する「つくばイノベーション・エコシステム」を定着させることを目的として,筑波大学東京キャンパス文京校舎で開催されました。
 このイベントでは,未来産業につながるテクノロジーを紹介するとともに,単なる技術説明会の枠を超えたビジネスプランの提案も行われ,参加者からは産業利用を目指すべく,具体的な質問が行われました。

 200席の会場はほぼ埋め尽くされ,筑波大出身のアーティスト「グラインダーマン」によるオープニングアクトでは,永田恭介学長がパフォーマーに扮して開会挨拶をする演出で会場を沸かせました。

 筑波大学システム情報系岩田洋夫教授による実世界とバーチャル世界を自由に動き回れる卵形の乗り物「メディアビークル」やバーチャル空間を自分の足で歩いて移動するための装置「ロボット・タイル」のデモンストレーションも行われ,体験試乗を待つ参加者が列を成していました。

 筑波大学システム情報系教授兼サイバニクス研究センター長の山海嘉之氏(CYBERDYNE株式会社代表取締役社長/CEO)と野村證券株式会社投資情報部の横山恭一郎氏による基調講演の後,「君はこのテクノロジーで未来をイメージできるか」を中心テーマに,同大教授や物質材料研究機構,産業技術総合研究所の研究員らによるプレゼンテーションが行われました。
 本イベントは本年度2回開催することになっており,次回は,年明けの平成28年2月末に行われる予定です。

川上伸昭文部科学省科学技術・学術政策局長による主催者挨拶

川上伸昭文部科学省科学技術・学術政策局長による主催者挨拶

グラインダーマンのオープニングアクトには永田学長も参加

グラインダーマンのオープニングアクトには永田学長も参加

横山恭一郎氏(野村證券株式会社)によるKeynote「ロボティクスが支える未来のスマート社会像」

横山恭一郎氏(野村證券株式会社)によるKeynote「ロボティクスが支える未来のスマート社会像」

一般社団法人つくばグローバル・イノベーション推進機構の住川理事が「メディアビークル」に試乗されました

一般社団法人つくばグローバル・イノベーション推進機構の住川理事が「メディアビークル」に試乗されました

歩行者が歩く方向にタイルが迎えにくる「ロボットタイル」

歩行者が歩く方向にタイルが迎えにくる「ロボットタイル」

関連リンク

このページのトップへ