印刷

お知らせ・情報

菅平高原実験センターで「菅平ネーチャー・アプリシエーション・ツアー」を開催

2016/02/07

 2016年2月5日から7日,平成27年度「革新的な教育プロジェクト支援事業:消極的理由で休学、留年する学生に対する心理社会的支援の検討」の一環として,「菅平ネーチャー・アプリシエーション・ツアー」が菅平高原実験センターで開催されました。全学から募集された7名の留学生を含む参加学生と,本事業の代表である石川正憲講師(医学医療系),サポートを担当する菅平高原実験センターのスタッフとセンターに常駐する学生は,スノーシューを履き,アニマルトラッキングやバードウォッチングで雪山,雪原でのエクスカーション(野外調査)を行い,厳冬期の自然を体感しました。

 休学,留年する学生には心理社会的に辛さを感じている学生もいます。また,留学生も心理社会的に孤立感をいだくことがあります。清澄な空気のなかでのエクスカーション,仲間との触れ合いは,参加学生にとって,大きな力になったようです。三日間という短い期間でしたが,彼らの満足した様子,明るい笑顔は印象的でした。私たちは,今後も,留年生,休学生,留学生を支援する活動を進めていきます。

凍結した大明神滝の前での記念撮影

凍結した大明神滝の前での記念撮影

いよいよ雪原へ!

いよいよ雪原へ!

渓谷沿いのエクスカーション

渓谷沿いのエクスカーション

このページのトップへ