印刷

お知らせ・情報

『日本医療研究開発機構(AMED)講演会』を開催

2016/02/03  筑波大学URA支援室 つくば臨床医学研究開発機構

 2月3日,筑波大学臨床講義室Aにおいて,国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)講演会を開催しました。
 今回の講演会は,平成27年4月に新設されたAMEDについての理解を深めるとともに,本学や研究学園都市における医学医療・ライフイノベーションの発展に役立てることを目的としたものです。
 永田 恭介学長,松村 明病院長,原 晃医学医療系長の挨拶の後,山海 嘉之筑波大学大学院システム情報工学研究科教授から「革新的サイバニックシステム最前線:~HALが拓く未来医療を中心に~」,柳沢 正史国際睡眠統合医科学研究機構長から「睡眠覚醒の謎に挑む」と題した講演がありました。
 その後,特別講演として末松 誠AMED理事長から「AMEDのミッション:研究開発の隘路解消に向けて」,大武 喜勝AMED経営企画部次長から「平成28年度予算案概要について」と題してご講演いただきました。
 最後に,末松 誠AMED理事長,永田 恭介学長及び竹中 登一筑波大学経営協議会委員により「つくば発ライフイノベーション:つくばに期待すること」と題してパネルディスカッションを行いました。
 本講演会は,本学職員をはじめ,つくば地域の研究機関や企業等から約150名が参加し,盛況なうちに終了しました。講演会終了後には,附属病院けやき棟12階展望ラウンジで交流会を開催し,活発な意見交換が行われました。
 今後も本学はAMEDと交流を積極的に行い,お互いの相互理解を深め,ライフイノベーションに寄与してまいります。

講演者の方々と記念撮影

講演者の方々と記念撮影

講演会の様子

講演会の様子

このページのトップへ