印刷

お知らせ・情報

大学の世界展開力強化事業(ロシア)第2回外部評価委員会を実施

2016/02/26

2016年2月26日,筑波大学つくばキャンパスにて,大学の世界展開力強化事業(ロシア)「ロシア語圏諸国を対象とした産業界で活躍できるマルチリンガル人材育成プログラム」の第2回外部評価委員会を実施しました。
本委員会は,開始後約1年半が経過した本プログラムの活動に対し,学外の有識者が客観的に評価をし,今後の改善に向けた具体的な提案をするものです。

委員会冒頭,遅野井茂雄大学執行役員・人文社会系長から開会の挨拶を述べた後,プログラム実務責任者の臼山利信教授より平成26・27年度の活動実績について詳細に報告され,平成28年度の活動計画について説明されました。また,ウェブ通話サービスを用い,委員による本プログラム参加学生2名(1名は留学中の学生,1名は留学直前の学生)に対するヒアリングを実施しました。

以上を踏まえ,委員からは教育の質の向上やプログラムの運営体制等について,数多くの建設的な助言や提言がなされました。

本委員会の参加者は以下の通りです。
(順不同)

委員長 當作 靖彦 氏 カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授
副委員長 小野澤 正喜 氏 育英短期大学 学長
副委員長 水口 景子 氏 公益財団法人 国際文化フォーラム 事務局長
柳沢 香枝 氏 独立行政法人 国際協力機構 理事
渡邉 修介 氏 日露青年交流センター 事務局長
松尾 浩樹 氏 外務省欧州局日露経済室・ロシア交流室 首席事務官<同室長 石川 誠己氏代理>
高橋 浩 氏 一般社団法人 ロシアNIS貿易会 ロシアNIS経済研究所 副所長

外部評価委員会の様子

外部評価委員会の様子

挨拶に立つ遅野井茂雄大学執行役員・人文社会系長

挨拶に立つ遅野井茂雄大学執行役員・人文社会系長

このページのトップへ