印刷

お知らせ・情報

ホーチミン医科薬科大学 分子生物学センター 遺伝学科長が筑波大学附属病院を訪問

2016/03/04 国際連携推進室

 3月4日,ホーチミン医科薬科大学分子生物学センター遺伝学科長Dr. Hoang Anh Vu(ホアン・アン・ヴー)が筑波大学附属病院を訪問し,施設見学及び秋山 稔国際連携推進室長と懇談しました。”Undergraduate Medical Science Course”として,2月末から2週間,ベトナム,インドネシアの学生10名がつくばに滞在しており,同氏はこのコースのベトナムチームの引率者として来日していることから,今回の訪問が実現しました。
 訪問では,ヘリポート,特別病棟,ICU,救急外来を視察しました。
 同氏は2007年に東京大学で博士号を取得し,早稲田大学で2年間の研究生活を送るなど,日本での経験は長いものの,つくばを訪れるのは初めてということで,ヘリポートから眺めたつくばの広大な風景が印象的であったと語っていました。
 ホーチミンにある筑波大学海外拠点事務所は,近くホーチミン医科薬科大学内に移転することもあり,今後も両校の協力関係を深めていきます。

ヘリポートにて

ヘリポートにて

特別病棟にて

特別病棟にて

このページのトップへ