印刷

お知らせ・情報

TAG-AIMS,G30,生物学類,生命環境科学研究科のタイアップ「雪上野外実習」

2016/03/11

2016(平成28)年3月7~11日,菅平高原実験センターで開催された「雪上野外実習」に24名の学生が参加しました。この「雪上野外実習」は,生物学類「陸域生物学実習」(日本人学生7名),G30 プログラム「Laboratory and Field Study in Land Biology」(インドネシア人学生2名,中国人学生3名,韓国人学生1名,ロシア人学生1名,米国人学生1名),生命環境科学研究科「日本の屋根のフィールドに出かけよう」(日本人学生3名,ハンガリー人学生1名)に,世界展開力強化事業(TAG-AIMS Programme)「専門実地演習1 (Specialized Field Practice 1)」(インドネシア人学生2名,カンボジア人学生1名,ラオス人学生1名,フィリピン人学生1名)のタイアップ野外実習です。
アニマルトラッキング,バードウォッチングなどを通して,典型的な中部山岳地帯の積雪期における動物を中心とした生物の生き様に触れ,生物に対しての認識を深めることを目的としています。学生たちは,初めての雪上野外実習体験に,「新たな自然観が得られた!」など,感想を述べていました。また,異なる国,学年の仲間たちと協力して懸命に行なったグループ研究は,忘れられない貴重な体験になったに違いありません。

キツネの巣穴を観察

キツネの巣穴を観察

赤外線センサーカメラの使い方を学ぶ

赤外線センサーカメラの使い方を学ぶ

グループ研究の成果を発表

グループ研究の成果を発表

別れを惜しんで記念撮影

別れを惜しんで記念撮影

このページのトップへ