印刷

お知らせ・情報

アントレプレナー育成プログラム~イノベーション Tsukuba 2015~Startup in Robotics&Cybernics

2016/02/28

 「アントレプレナー育成プログラム~イノベーション Tsukuba 2015~Startup in Robotics&Cybernics」(文部科学省主催)の最終プレゼンテーションが,平成28年2月28日に行われました。
 これは,本学大学院教授の山海嘉之氏(サイバーダイン株式会社CEO)とラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社の共同代表である堤孝志・飯野将人両氏を講師に招き,より実践的な起業家育成を目指した育成プログラムで,最終回を迎えた当日のプレゼンテーションでは,計6チームの中から3チームに「ビジネスプラン賞」「プレゼンテーション賞」「グッド・ブラッシュアップ賞」が授与されました。
 受講者らは第1・3回目で最先端の新規事業創造手法「リーン・ローンチパッド」を学び,第2・4回目で「国際ビジネス戦略とビジネスモデル構築のノウハウ」について山海教授の指導を受けながら,20回以上の顧客インタビューを実践するなど,回を重ねるごとにビジネスモデルをブラッシュアップし,最終プレゼンテーションに挑みました。
 ビジネスとして優れている「ビジネスプラン賞」には,単機能・低価格で深海を探索できる『深海調査ロボット』チームが,「プレゼンテーション賞」には,あいまいな気分に合わせて料理・レストランをおすすめするサービス『オノマトぺろり』チームが,期間中最も成長した「グッド・ブラッシュアップ賞」には,少年サッカーコーチング・ノウハウ共有サイトを提案する『シェアトレ』チームが,それぞれ選ばれました。
ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター長の五十嵐浩也教授は「皆さんの成長ぶりに驚きました」と賛辞を述べ,三明康郎副学長からも「今後も事業化に向けてがんばってほしい」との激励を受けました。審査員である投資家の方々から,事業に関する具体的なコメントやアドバイスを受けた受講者らは,真摯に受け止めながらも前向きに今後の展望を語っていました。

「ビジネスプラン賞」は筑波大発ベンチャーが受賞

「ビジネスプラン賞」は筑波大発ベンチャーが受賞

「グッド・ブラッシュアップ賞」の受賞者は体育専門学群の1年生

「グッド・ブラッシュアップ賞」の受賞者は体育専門学群の1年生

表彰式の様子

表彰式の様子

関連リンク

このページのトップへ