印刷

お知らせ・情報

平成27年度附属病院ボランティア懇談会を開催

2016/03/18 病院総務部医事課

 3月18日,筑波大学附属病院特別第3会議室において,病院長主催の平成27年度附属病院ボランティア懇談会が開催されました。
 最初に松村 明病院長,小泉 仁子副病院長(看護部長)及び岩堀 孝子ボランティアの会代表からあいさつがあり,その後,ボランティア活動10年継続者3名の表彰及び平成27年度ボランティア活動報告並びに平成27年度の役員紹介が行われました。
 引き続き,ボランティア一人ひとりから,自己紹介と日々の活動を通して感じたことや病院への要望等が寄せられました。
 最後に,水谷 太郎副病院長から,「筑波大学附属病院の防災体制について」東日本大震災の被災状況及び本学・筑波大学附属病院特の対応並びに今後予想される震災等への対応等について講演が行われました。ボランティアから,将来発生が予想される震災等に対し,ボランティアはどう行動すべきか等について質問があり,活発な意見交換が行われました。
 懇談会は終始和やかな雰囲気で進み,ボランティアからは,新たな気持ちで来年度も活動を継続したいとの声が寄せられました。

挨拶される松村病院長

挨拶される松村病院長

挨拶される岩堀ボランティアの会代表

挨拶される岩堀ボランティアの会代表

継続活動者を表彰する松村病院長

継続活動者を表彰する松村病院長

ボランティア懇談会の様子

ボランティア懇談会の様子

このページのトップへ