印刷

お知らせ・情報

永田学長ほかがブラジルで開催された行事に出席

2016/03/11

永田恭介学長ほかが,2016年3月7日から3月11日の日程で,ブラジル連邦共和国サンパウロ市で開催された下記の行事へ参加しました。

 

【USP 2024 Conference 3月8日(火)】

サンパウロ大学(USP)主催により,同学内で行われた本会合は,欧州や南米等の大学,そして日本からは本学が招待され,各国における高等教育の課題と将来について議論することを目的として開催されました。

各大学の発表者からは,それぞれ特色ある教育研究活動,展開している組織・経営改革の現状紹介のほか,各国における社会情勢や経済状況の中で高等教育機関として担うべき役割や大学改革の必要性について発表がありました。

 

○登壇者

サンパウロ大学長:Prof. Marco Antonio Zago
元スペイン首相,現サンパウロ大学客員教授:Mr. Felipe González
元サンパウロ大学長:Prof. José Goldemberg
元サンパウロ大学長:Prof. Jacques Marcovitch
フンボルト大学長:Prof. Jan-Hendrik Olbertz
ブエノスアイレス大学長:Prof. Alberto Edgardo Barbieri
筑波大学長:永田恭介
ジャン・ムーラン・リヨン第3大学長:Prof. Jacques Comby
ソルボンヌ大学長:Prof. Jean-Yves Mérindol

 

会場の様子

会場の様子

永田学長発表

永田学長発表

 

【大学の世界展開力強化事業:共同プログラム運営委員会 3月10日(木)】

本学は,文部科学省の平成27年度「大学の世界展開力強化事業~中南米等との大学間交流形成支援~」事業に,「持続的な社会の安全・安心に貢献するトランスパシフィック協働人材育成プログラム」という構想名で採択されました。

このプログラムの円滑な遂行を目的として,中南米の交流相手大学の関係者を,本学が相互に海外オフィスを有するサンパウロ大学へ招聘し,第一回目となる「共同プログラム運営委員会」を開催しました。

今後の学生交流・共同教育の実施に関わる大学間単位認定共通枠の創出や共有する地球規模課題への学術コンソーシアムの形成について協議を行い,両地域の更なる発展と互恵関係に寄与する持続的な人材ネットワークの構築について,本学を含めた各パートナー大学の代表者との間で交流協定の署名を行いました。あわせて,現在,ブラジル各地で文化,スポーツ,教育,娯楽,福祉等の各分野で日系社会に貢献している「コチア青年連絡協議会」とも,ブラジルと日本との間の経済交流の促進および人材育成・活用に寄与することを目的として,連携・協力に関する覚書を締結しました。

 

○交流大学代表者

サンパウロ大学長:Dr. Marco Antonio Zago
チリ大学長:Dr. Ennio Vivaldi Véjar
ペルー・カトリカ大学長:Dr. Marcial Antonio Rubio Correa
メキシコ大学院大学副学長:Dr. Gustavo Vega Canovas
コロンビア・ロスアンデス大学副学長:Dr. Carl Langebaek

 

交流大学代表者との交流協定締結式の様子

交流大学代表者との交流協定締結式の様子

交流大学代表者との交流協定締結式の様子

交流大学代表者との交流協定締結式の様子

 

【日本留学フェア2016 (サンパウロ)3月11日(金)/(ブラジリア)3月14日(月)

本学は,文部科学省の平成27年度「留学コーディネーター配置事業(ブラジル)」に採択されました。本事業は,日本留学のプラットフォームの構築,現地の情報収集の強化,日本留学の魅力の伝達を目的にした日本国内大学への委託事業であります。

本学によるこの事業の一環として,3月11日,ETAPA高校およびサンパウロ大学内において,ブラジルの優れた大学及び高等学校の学生に日本留学に関する情報を提供するとともに,日本留学への関心を喚起する機会とすることを目的に,「日本留学フェア(ブラジル)2016」を開催しました。

日本からは資料参加校をあわせ,本学を含む12大学および日本学生支援機構(JASSO)が参加し,サンパウロ大学でのフェアでは,中前隆博 在サンパウロ日本総領事,国際協力機構(JICA)のほか関係機関にもご出席いただき,大学紹介をはじめ,日本留学の概要や奨学金に関する講演,さらに,本学同窓生からの日本留学体験談も交えた後,参加大学毎の個別ブースに分かれ,当日訪れた約230名の留学希望者に対し個人相談を行いました。

サンパウロのほか,3月14日,ブラジリア大学内においても同フェアを開催し,ここでは,約330名もの日本留学希望者が集まりました。梅田邦夫 在ブラジル日本国大使からのご挨拶をいただいた後,各大学紹介および関係機関からの日本留学に関する説明,本学同窓生を含む帰国留学生による体験談,個別ブースによる留学相談を行いました。

今後もブラジル現地および日本国内の関連機関とも協力して,オールジャパンの体制でブラジルからの日本留学を喚起するための活動を推進していきます。

 

○日本からの参加大学(8大学)
北海道大学,東京大学,電気通信大学,横浜国立大学,芝浦工業大学,
南山大学,立命館アジア太平洋大学,筑波大学
○資料参加大学(4大学)
東京農工大学,名古屋大学,広島大学,島根大学

ブラジリア大学内での全体説明会

ブラジリア大学内での全体説明会

サンパウロ大学内での個別ブース対応

サンパウロ大学内での個別ブース対応

このページのトップへ