印刷

お知らせ・情報

マレーシア高等教育大臣がU. Tsukuba-MJIIT Cooperation Office開所式に出席

2016/04/05 クアラルンプールオフィス寄稿

2016年4月5日,Dato’ Seri Idris bin Jusohマレーシア高等教育大臣,Dato’ Prof. Dr. Asma binti Ismailマレーシア高等教育省高等教育局長,Prof. Tan Sri Dato’ Wira Dr. Mohd Shukri bin Ab Yajid 経営科学大学長,Prof. Datin Dr. Rubiyah Yusofマレーシア日本国際工科院(MJIIT)院長他,マレーシアの高等教育機関一行が本学を訪問され,永田恭介学長,ベントン キャロライン ファーン副学長(国際担当),三明康郎副学長(研究担当),松本宏生命環境系長等との懇談を行いました。Idris大臣からは,本学が推進するキャンパス・イン・キャンパス(CiC)構想,科目ジュークボックスシステム等について活発な質問がありました。

その後,Idris大臣一行は,U. Tsukuba-MJIIT Cooperation Officeの開所式に出席されました。同オフィスは,本学とMJIITとの相互パートナーシップと協力関係の更なる活性化と長期的な共同研究や共同教育プログラム推進を支援するため,本学環境防災研究棟内に設置したものです。

本学は,2012年度からMJIITの環境・グリーン工学分野においてJapan University Consortium(JUC)メンバー大学として参画し,2015年度からは防災分野の幹事校として新たな修士課程プログラム設置に協力するとともに,MJIIT内に設置されたMalaysia-Japan Advanced Research Consortium(MJARC)での研究協力,環境・サスティナビリティ分野でのJoint Degree Program構築等を推進しています。

MJIIT内には本学の海外オフィスとしてクアラルンプールオフィスを設置しており,U. Tsukuba-MJIIT Cooperation Officeは,これらの活動を本学側で支援するためのMJIIT Tsukuba Office (MJIIT satellite office)として有効活用していく予定です。

今回のIdris大臣一行の本学訪問は,昨年12月に引き続き2回目となり,本学とMJIIT及びマレーシアの高等教育機関との更なる交流の深化が期待されます。

マレーシア高等教育大臣及び高等教育局長

マレーシア高等教育大臣及び高等教育局長

U. Tsukuba-MJIIT Cooperation Office開所式

U. Tsukuba-MJIIT Cooperation Office開所式

開所式集合写真

開所式集合写真

このページのトップへ