印刷

お知らせ・情報

セキショウフィールドでオープニングゲームを開催

2016/05/07

女子ラクロス(筑波大学vs慶応義塾大学)

女子ラクロス(筑波大学vs慶応義塾大学)

 5月7日(土),人工芝に生まれ変わった「筑波大学セキショウフィールド」のオープニングゲームとして,ラクロスとアメリカンフットボールの試合が行われ,学生・教職員,その他学内外の関係者約200名の観客が熱戦に声援を送りました。

 試合前には,山田幸雄体育センター長,及び今回寄附を受けた関彰商事株式会社の関正樹代表取締役社長から激励の挨拶があり,続いて本学と慶応義塾大学の女子ラクロス部の試合が行われ,選手たちは世界最高水準の人工芝で伸び伸びとしたプレーを見せてくれました。

 また,午後からは,本学アメリカンフットボール部“EXCALIBURS”と関西の強豪神戸大学アメリカンフットボール部“RAVENS”との試合が行われ,“EXCALIBURS”はオープニングゲームで大勝利を収めました。「環境はこれ以上にないほど整ったので,あとは自分たちが結果を出すのみ」というメンバーの感謝の想いと強い気持ちが大金星に繋がったようです。

 今後,同グラウンドは,課外活動団体のほか,授業や一般開放等に利用される予定で,授業運営における教育効果の向上や課外活動団体の更なる活躍,また,一般開放等による地域貢献など,多大な効果が期待されています。

アメリカンフットボール(筑波大学vs神戸大学)

アメリカンフットボール(筑波大学vs神戸大学)

関連リンク

このページのトップへ