印刷

お知らせ・情報

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック壮行会を開催!

2016/07/13

201607151034

 7月13日(水),大学会館ホールにおいて,リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに出場する本学関係者の壮行会を開催しました。

 本番を控えた大切な時期にも関わらず,出場が決まった選手20名中6名が,また役員等として派遣される本学関係者29名中3名が出席しました。(7月8日現在)

 会場には,学生や教職員,一般来場者のほか,つくば市立春日学園7年生約160名が駆けつけるなど,総勢約450名が激励に訪れました。

 本学体育系の山口香准教授(ソウルオリンピック銅メダリスト)の司会進行のもと,応援部WINSによる熱気あふれる演舞で幕を開け,永田学長から「まずは自分のため,チームのため,そして大学,日本のために克ってほしい」との挨拶があり,続いて市原健一つくば市長や真田久体育専門学群長から激励の言葉が送られると,出席された選手達からは,リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに向けた力強い抱負が述べられました。

 また,先輩代表として体育系の岡田弘隆准教授(バルセロナオリンピック銅メダリスト),後輩代表として体育専門学群3年の矢崎誠さんから,それぞれ選手たちに向けてエールが送られ,春日学園7年生代表生徒からも嬉しい応援メッセージが送られました。
 さらに,永田学長から記念品の贈呈が,市原市長からは激励金目録の贈呈が行われ,壮行会の最後には,参加者全員で肩を組み,「宣揚歌(桐の葉)」を歌い,壮行会を締めくくりました。

 リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックでは,筑波大学の誇りを胸に最高のパフォーマンスが発揮されることを期待しています!

応援部WINSによる演舞

応援部WINSによる演舞

肩を組み宣揚歌を歌う選手たち

肩を組み宣揚歌を歌う選手たち

出場選手及び役員等による記念撮影

出場選手及び役員等による記念撮影

関連リンク

このページのトップへ