印刷

お知らせ・情報

Tsukuba Summer Institute 2016を開催

2016/07/15

201607251320

 7月8日~15日の8日間,本学の体育系,体育専門学群,体育学専攻及び体育センターが共同でTsukuba Summer Institute for Physical Education and Sport (TSI) 2016を開催しました。University of California, Irvineをはじめとした海外協定校9大学と鹿屋体育大学から47名,本学から34名,合計81名の学生が参加しました。

 TSIは,2010年から開始し,今年で7回目を迎えました。協定校の教員を中心とする世界の第一線で活躍する研究者や指導者を講師陣として迎え,プログラムはすべて英語で行われました。参加学生は,「SPAC (Sport, Physical Activity and Culture in Japan)」「Labo (Laboratory workshop)」「IDS (International Development through Sport)」「 CoRP (Collaborative Research Planning)」の4つのプログラムに分かれ,日本のスポーツ・身体文化,体育教師やコーチの実践力向上,運動生理学等の実験方法,スポーツ国際開発,ホットトピック研究の計画立案について,講義の受講や演習・実習,グループ討論,発表等を行い,実践力の向上を図るとともに,相互理解を深めました。また,プログラムを越えて互いの専門領域について学び合うコモンレクチャー,ポスター発表,サッカー等の交流も行い,個別指導の機会も設けました。

 期間中,ベントン・キャロライン・ファーン副学長(国際担当)が視察に訪れ,TSI講師陣や,各国参加者と交流を深めました。また,講師陣の間では共同研究に向けた話し合いも持たれました。

 参加学生からは,「自分の大学にはない講義を聴くことができ,本当の国際的コミュニケーションができた」という評価があり,視察に訪れた協定校関係者からは,「来年度から学生を派遣したい」という申し出もありました。

 プログラム終了後には講師陣やスタッフから今後のTSIに関する積極的な提案があり,来年度(2017年7月11日〜18日予定)に向けた取り組みがスタートしました。

エクスカーション先のひとつ,シャトーカミヤ(牛久)にて

エクスカーション先のひとつ,シャトーカミヤ(牛久)にて

関連リンク

このページのトップへ