印刷

お知らせ・情報

2016年度4月期入学国費外国人留学生対象日本語予備教育コース最終プレゼン&修了式を実施

2016/08/02

全員で記念撮影

全員で記念撮影

 8月2日,筑波大学グローバルコミュニケーション教育センターにおいて,国費外国人留学生を対象とした,2016年度4月期入学者日本語予備教育コースの最終プレゼンと修了式が実施されました。

 日本語予備教育コースは,文部科学省から奨学金を受けている国費外国人留学生を対象とした日本語教育のコースで,同センターでは,日本での円滑な研究生活を支える基礎的な日本語力を養成すること,及び国費外国人留学生の責務として日本事情・日本文化についての2国間での理解を促進するため,毎年4月及び10月に新たに入学する国費外国人留学生のうち,日本語予備教育を必要とする留学生を受け入れており,教室では1日に4時間日本語を学習し,教室外でも1日3~4時間の予習,復習を課しています。2016年度4月期は,4月13日から8月2日まで実施され,11名の受講生が全員無事に修了しました。

 当日は,各自が母国について日本語でプレゼンテーションした後,ポスターセッションで活発な質疑応答が行われました。来日後,ひらがな,カタカナから学び始めた学生たちが,終始日本語で話しました。

 修了式では,磐崎弘貞グローバルコミュニケーション教育センター長からの祝辞,成績表の授与があり,予備教育終了後の指導予定教員も交えて記念撮影を行いました。また,その後の懇談会では,日本語の指導を担当した教員も交え,日本語での懇談や,教員からの今後の日本での生活に向けた話などがありました。

プレゼンテーションの様子 修了証授与

 

プレゼンテーション

○ペルー

○チュニジア

○シエラレオネ

○ベトナム

○マレーシア

○マリ

○ミャンマー

○モザンビーク

○ブルガリア

○パキスタン

○ベトナム

このページのトップへ