印刷

お知らせ・情報

夏休み自由研究お助け隊2016を実施

2016/07/31

開会式(齋藤実行委員長挨拶)

開会式(齋藤実行委員長挨拶)

 7月30日(土),31日(日)の両日に中学生を対象とした「筑波大学夏休み自由研究お助け隊2016」を実施しました。今回は,つくば市,土浦市及び取手市など県内各地の中学校と千葉県や東京都など県外から,2日間でのべ80名が参加しました。

 参加した中学生は,それぞれ「ライントレースロボットを走らせてみよう」,「地震に強い家を考えてみよう」,「マウス(ハツカネズミ)の発生について学んでみよう」,「顕微鏡を使って赤血球・白血球・血小板を見てみよう」,「地形現象を簡単な装置で確かめてみよう」,今回新たに設定したテーマ「医学系大学の実習を体験してみよう」など,技術職員が提供した13のテーマについて,技術職員から実験方法や装置の作り方などのアドバイスを受け,熱心に観察や実験に取り組んでいました。

 参加した中学生からは,「難しいことも分かりやすく説明して下さったのでとても楽しかった」,「自分が疑問に思っていたことが解決できてすっきりした」,「普段はできないようないろんなことを体験させてもらえた」,「将来筑波大学に来られたらいいな」,「また来年もこのイベントを開催しいろんな人を助けて欲しい」など大変好評のうちに終了しました。

 実行委員会では,今後もより良い運営方法や提供するテーマ数の増加や内容の更なる充実を考慮して検討を重ね,来年度以降も引き続き実施したいと考えています。

開会式(三明副学長挨拶)

開会式(三明副学長挨拶)

「マウス(ハツカネズミ)の発生について学んでみよう」実習風景

「マウス(ハツカネズミ)の発生について学んでみよう」実習風景

2016年新規テーマ「医学系大学の実習を体験してみよう」実習風景

2016年新規テーマ「医学系大学の実習を体験してみよう」実習風景

2016年新規テーマ「Arduinoを使ってプログラムしてみよう」実習風景

2016年新規テーマ「Arduinoを使ってプログラムしてみよう」実習風景

このページのトップへ