印刷

お知らせ・情報

上田高校SGHフィールドワークを実施

2016/08/03 菅平高原実験センター

 8月3日、長野県立上田高等学校1学年の生徒29名を対象に、田中健太准教授による講義と構内での植生遷移の観察を行いました。平成27年度に文部科学省スーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)に指定された上田高校の連携機関として、菅平高原実験センターは本イベントを昨年度に引き続き実施しました。

 生徒たちは、まず植物の冷温帯の典型的な遷移の例と、植物が生存・繁殖するためにどんなことを頑張っているのかについて講義を受け、次に、班ごとにアカマツ林とアカマツ・ミズナラ混交林の林床にどんな樹木が見られるかを予想しました。その後、田中准教授、金井隆治技術職員、正木大祐技術職員の案内で、構内の草原、アカマツ林、アカマツ・ミズナラ混交林に行きました。樹木はどちらの方角に伸びているか、アカマツの葉と広葉樹の葉の垂直的な上下関係はどのようになっているかなど、遷移の実態を観察しました。また、林床に生えている樹木の子供などを採集して、どんな樹木が生えているのか、森によってそれがどう違うのかを調べました。

 生徒たちは、熱心に話に耳を傾けながら、植物や昆虫の名前をメモしたり、写真を撮影していました。本センターは、今後も生命や環境について国際的に活躍できる高校生の育成プログラムに積極的に関わっていきます。

ススキ草原で草原環境について解説を受ける高校生

ススキ草原で草原環境について解説を受ける高校生

アカマツ・ミズナラ混交林にて林床の植物を観察

アカマツ・ミズナラ混交林にて林床の植物を観察

野外より持ち帰った植物を観察し、環境ごとの植物種の違いを学ぶ

野外より持ち帰った植物を観察し、環境ごとの植物種の違いを学ぶ

このページのトップへ