印刷

お知らせ・情報

命の大切さと医学の楽しさを学ぶイベント「つくばキッズメディカルユニバーシティ」を開催

2016/08/19

外科セミナーでの模擬手術の様子

外科セミナーでの模擬手術の様子

 7月29日(金),8月19日(金)の2日間,筑波大学附属病院において近隣地域在住の小学5年生,6年生を対象とした「つくばキッズメディカルユニバーシティ」を開催しました。

 知的好奇心の旺盛な年少期の学童にとって,医学あるいは医療は非常に関心の高い魅力的な分野でありますが,残念ながら医学・医療の実体験が可能な場は本邦では少ないのが現状です。そこで当院では,地域の子供たちに医学の楽しさを体験していただくことを目的に本イベントを実施しました。

 初回の7月29日は,28名の参加者を対象に,薬剤セミナー,看護セミナー,移植セミナー,外科セミナーと盛り沢山のプログラムを実施しました。医療の現場で活躍するスタッフから直接レクチャーや手技の指導を受けるなど,初めての体験でワクワクする子供たちの様子が伝わってくる一日となりました。

 2回目の8月19日は,29名の子供たちが参加し,移植セミナー,宇宙医学セミナー,救急医療セミナー,救急看護セミナーを実施しました。JAXA嶋田和人医師による宇宙空間の疑似体験や,AEDを用いた心肺蘇生の訓練,ドクターヘリ専門ナース「フライトナース」の仕事に触れるなど,医療の現場で活躍する幅広い職種について知ることができました。

 参加者からは,「いろんな体験をできてとても楽しく,命の大切さなどを改めて考えることができてとてもよい経験となった。特におもしろかったのが,心臓の音を聞いたり,心臓マッサージをしたりと,普段できないことができてよかった」などの声が聞かれました。子供たちにとって,医療の現場での実体験を通じて沢山のことを学んだイベントとなりました。

JAXA嶋田医師による宇宙空間の疑似体験

JAXA嶋田医師による宇宙空間の疑似体験

このページのトップへ