印刷

お知らせ・情報

永田学長ほか本学代表団、第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)に参加

2016/08/28

201609011327

 8月27日から28日までケニアの首都ナイロビで開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)に,永田恭介学長ほか3名の本学教職員からなる代表団が参加しました。TICADはアフリカ各国首脳および関連国際機関の代表が集まり,アフリカの開発と成長について議論する国際会議です。これまでは日本で開催されていましたが,第6回を数える今回,初めてアフリカ現地での開催となりました。

 永田学長は27日午後に開催されたテーマ別会合「繁栄の共有のための社会安定化促進」において日本の大学を代表して発言し,人材育成とインフラ整備を含めたアフリカの社会基盤の構築において,大学間コンソーシアムによる多面的な協力が重要であることを訴えました。

 また,併催イベントとして8月26日から28日まで開催されたジャパンフェアにおいて,本学が幹事校を努める日本・アフリカ大学連携ネットワーク(JAAN)のブース展示を行いました。ブース来場者は400名を越え,森尾貴広国際室教授および国際室職員が,日本およびアフリカ側の政府,企業,大学,NGO関係者に対し,JAANの活動をアピールしました。

TICAD VI テーマ別会合

TICAD VI テーマ別会合

ジャパンフェアでのJAANブース展示

ジャパンフェアでのJAANブース展示

会場となったケニヤッタ国際会議場

会場となったケニヤッタ国際会議場

永田学長(左)と安倍首相

永田学長(左)と安倍首相

関連リンク

このページのトップへ