印刷

お知らせ・情報

平成28年度「学生生活関係教職員研修会」を開催

2016/09/13

 9月13日に大学会館において,平成28年度の学生生活関係教職員研修会(主催:学生生活支援室)を開催しました。この研修会は,関係教職員が当面する学生支援の諸問題について議論し,共通認識を深め改善策を探ることにより,学生支援体制の更なる充実を図ることを目的として,毎年度,開催されているものです。

 研修会には,副学長,研究科長,専攻長,学群長,学類長,学生担当教員,学生生活支援室員,各エリア支援室及び関係部局等から80名を超える教職員が参加しました。はじめに,田中博学生生活支援室長から開催の挨拶と趣旨説明があり,引き続き,班別討議の内容説明がありました。今回の研修会は,情報化社会の急速な発展に伴い,高等教育の拠点である大学の授業形態や運営体制の見直しが求められていることから,「情報化社会の新時代に対応した学生支援のありかた」をメインテーマとしました。引き続き行われた班別討議では,①教育現場②研究活動③学生生活④大学運営の4分野をサブテーマとして,最近浮上してきた新たな課題について,それぞれ活発な意見交換が行われました。

 午後は平成28年度第6回筑波大学FD研修会として学内に広く公開することとし,西川博昭副学長(学術情報担当)から,「これからの情報化に関する私論」と題した講演が行われました。最後に行われた全体討議では,情報化新時代にむけた具体的な改善策等が各班から発表され,今回のテーマに関し共有を深める有意義な研修会となりました。

 なお,今回の研修会の内容等は,「ガイダンス」に報告書としてまとめ,12月末に発行する予定です。

全体討議の様子

全体討議の様子

班別討議の様子

班別討議の様子

講演を行う西川副学長

講演を行う西川副学長

このページのトップへ