印刷

お知らせ・情報

TGSW2016を開催

2016/09/19

201609271333

 9月17日から19日の3日間,つくば国際会議場において,Tsukuba Global Science Week2016 (TGSW2016)が開催されました。7回目となる今回は,世界33か国,113機関から700名近い発表者と,実数で1,500名を超す来場者を迎え,全学からエントリーされた40を超えるセッションが行われました。

 TGSW2016は,Alzheimer’s Research UKから50億円近い財政支援を受け,産学連携によるアルツハイマー病および認知症治療の研究を指揮するJohn Davis博士(オックスフォード大学 DDI)の特別講演で幕を開けました。つづく国際産学連携本部主催によるメインセッションでは,原山優子氏(内閣府総合科学技術・イノベーション会議議員)およびD. Winwood氏(米国技術移転マネージメント協会会長)の他,本学を代表するベンチャー企業であるCYBERDYNE株式会社センター長の山海嘉之教授(システム情報工学研究科),フィリップスの基礎研究を担うアイントホーヘン工科大学のA.Brombacher教授,世界最大の創薬会社であるファイザーの瀬尾亨博士らそうそうたるメンバーをパネリストに迎え,「国際産学連携とイノベーション」と「次世代産業・社会を切り拓くオープンイノベーション」をテーマとしたふたつのセッションが行われました。

 さらに期間中,第2回海外同窓生ネットワーク年次大会,さらに本学が取組むスーパーグローバル大学等事業の中核となるCampus-in-Campus(CiC)を推進するため,本学・サンパウロ大学・マレーシア日本国際工科院(MJIIT)におけるパートナー協定を結ぶための調印式等を実施しました。

 また,昨年に引き続き,つくばの地に結集した研究者コミュニティによる地球規模課題の克服への決意,ならびに多様性や平等の尊重,次世代の研究者育成に対する誓いを『TSUKUBA宣言2016pdf』として公表しました。

 TGSW2017は2017年9月25日~27日の3日間,「Science for Social Innovations」をメインテーマに開催する予定です。

Dr. John Davis

Dr. John Davis

原山優子氏

原山優子氏

メインセッション

メインセッション

PDF資料

このページのトップへ