印刷

お知らせ・情報

リオデジャネイロ オリンピック・パラリンピック本学関係メダリストが表敬訪問

2016/10/25

IMG_4004

 10月25日(火),リオデジャネイロ オリンピック柔道81kg級銅メダルの永瀬貴規選手(平成28年体育専門学群卒),リオデジャネイロ パラリンピック柔道60kg級銀メダルの廣瀬 誠選手(平成13年理療科教員養成施設卒)が筑波大学を表敬訪問しました。

 両選手の到着に合わせて大学本部棟1階ロービーでは,玉川信一副学長(学生担当),稲垣敏之副学長(総務・人事担当),吉川晃副学長(財務・施設担当),三明康郎副学長(研究担当),五十嵐浩也大学執行役員(DACセンター担当)をはじめ多数の職員が大きな拍手で両選手を迎えました。花束贈呈,玉川副学長の歓迎の挨拶の後,永瀬選手からは,2020年の東京大会では,金メダルを取りに行く旨の力強い挨拶があり,廣瀬選手からは,現役を引退するが,2020年の東京大会開催に向けてパラリンピック競技の普及,拡大に力を入れて行きたい旨の挨拶がありました。

 両選手は,大学執行部と懇談を行った後,市原健一つくば市長を表敬訪問して大会の報告を行いました。その後,つくば市立春日学園義務教育学校にて,7月の壮行会に駆けつけてくれた春日学園7年生を前に報告会を行いました。

このページのトップへ