印刷

お知らせ・情報

海外ライティングセンター体験イベントを開催

2017/01/20

学生の論文を指導するジアイーモ博士

学生の論文を指導するジアイーモ博士

 授業レポートや論文など学術的文章の作成(アカデミックライティング)をサポートするライティングセンターの開設が国内でも相次いでいますが,先行する海外の大学における指導の実際を体験してもらうイベントを,1月18日,20日の両日,筑波大学附属図書館ラーニングコモンズにて開催しました。イベントは,比較文化学類の「筑波大学グローバル・コモンズ連携プログラム」の一環で企画し,学内でライティング支援を行っている組織でつくる「筑波大学ライティング支援ポータル連絡会(窓口は学術情報部)」との共催で開催しました。

 イベントは,オハイオ州立大学ライティング教育指導センターのディレクターであるジェニー・ジアイーモ博士による,筑波大学の学生が書いた英語論文をその場で公開指導するワークショップと,オハイオ州立大学での取り組みについての講演会とにわけて実施しました。多忙な時期にも関わらず学外からも多くの教員・職員が参加し,ライティングセンター設置にかかる関心の高さが伺えました。アンケートでは,「添削ではなく,アイデアを広げる機能を持つのがライティングセンターである」,「人に読んでもらうことの大切さを知った」,「海外ではチューター養成がシステマティックに実施されている」等,多くの新たな気づきがあったことが寄せられました。機会があればまた受けてみたいとの希望も寄せられ,ライティング支援への期待の大きさを示す結果となりました。

このページのトップへ