印刷

お知らせ・情報

ブラジル・サンタクルス病院 二宮評議会議長が永田学長を訪問

2017/01/16

201701301141

 1月16日,ブラジル連邦共和国サンタクルス病院の二宮正人評議会議長が永田恭介学長への年頭挨拶のため,本学を訪問されました。

 サンタクルス病院は1939年に創立したブラジル初の日系医療機関で,最新技術と高い医療レベルで日系社会の医療や福祉に大きく貢献した病院です。同病院と本学医学群,医学医療系,附属病院は2016年9月に連携協定を締結しています。年頭の挨拶の後,同病院と本学の今後の人材交流,共同研究,学術交流等の更なる推進について,二宮評議会議長と本学の永田学長,ベントン・キャロライン・ファーン国際担当副学長,大根田修サンパウロオフィス所長及び小金澤禎史サンパウロオフィス副所長との間で協議がなされました。

201701301140 201701301142

関連リンク

このページのトップへ